青いくらげ

単発バイト・短期バイト・在宅ワークで生きていく道を模索する人生

【単発バイト体験談】40代女が飲食業で年下従業員に怒鳴られた話

f:id:aoi_kurage:20201210163138j:plain


まなみです。 

今日は私が単発バイトをしてきた中で絶対に忘れられない最低最悪だった仕事場のお話をしたいと思います。

今回は飲食店への派遣でした。ピーク時などは忙しく、アルバイトなどへの口調がきつくなってしまうこともあるかもしれませんが、この飲食店は最初から最後までよい扱いはされませんでしたね・・・中には優しくしてくださる従業員さんもいたのですが・・・

このブログは

  • 単発、単日契約のアルバイト
  • 短期(1週間から1か月くらい)アルバイト
  • 様々な在宅ワーク
  • フリマサイト

などで収入を得られるように試行錯誤を繰り返してきた私の体験談を交えながら
皆様と一緒に幸せに稼ぐこと、やりがいをもって働くことについて学べたらよいなと思っております。

2016年夏から1年半、たくさんの単発バイトをしてきました。

今は頻度こそ減りましたが、時間があれば応募しています。

 

ポイントの部分には大文字太文字赤文字などで示します。 

私の考えなど、ちょっと本文とはずれて書いてしまっているところは紫文字にしておきますので、体験談だけ読みたい方は飛ばしてもらっても大丈夫です。 

 

単発バイトについてはこの後簡単にまとめてこちらにリンクできるように設定します。 ご存じない方はそちらをご覧ください。(リンクはしばらくお待ちください) 

 

今回の派遣先・仕事内容 

  • 飲食店 
  • 地元派遣会社からの紹介 
  • 勤務時間11時から18時、休憩一時間、実労働時間は6時間 
  • 時給1200円 計7200円 
  • 現金当日手渡し 
  • 仕事内容 注文受付、調理補助、皿洗いなど 

 

単発バイト先で最初から感じた異様な雰囲気

店舗には駐車場があるので車で行きました。(だいたいの募集要項に車通勤OKやNGなど記載があります。) 

入ってまず担当者の方を伺って挨拶をします。 

 普通の仕事場でしたらみな忙しく作業をしていらっしゃる中ですので、私が入っていったところで驚かれたり珍しがられたりすることはありません。 

中には一緒に担当の方を探してくださる親切な方もいらっしゃいます。 

 

その日は店舗に入った瞬間からなんだか異様な空気を感じました。 

よく募集が出ていたお仕事だったのでアルバイトが派遣されてくることは初めてではないとは思いますが、なんだか珍しいものを見るような、そんな視線を感じました。 

その仕事場の担当者の方はお店のご主人でした。

私はやる気満々でいきますので、挨拶も元気よく、感じよくするように心がけています。 

ご主人はにこやかに接してくださり、挨拶も褒めてくださいました。 

うれしかったですが、もしかしたらこのやり取りもこの後出てくる問題の人物にとっては面白くなかったのかな?とも思います。 

 

「余計なことしないで!」お客様にも聞こえる声で怒鳴られる

挨拶のあと、私のことは指導担当の方に引き継がれて、その方に挨拶をするのですが・・・・ そう、その問題の人物こそ本日の私の指導担当Aさんです。 

「こっちきて」 

不愛想にそう言うと私は2階に連れていかれました。 

気づかれないようにそっと顔を見ると 

 

  • 女性30代(予想) 
  • ショートカット 
  • 機嫌悪そうな表情 

 

ああ、今日はきっと辛い1日になるだろうな、という不吉な予感でいっぱいでした。 

渡された割烹着風の制服を着て、持参した三角巾を頭に巻いて出ていくと 

「はやくして!」と怒鳴るとまではいきませんが、間違いなく怒りをぶつけられていると感じました。 

 

調理場に行くと

  • ご主人
  • 調理場担当のおばちゃんたち数名

注文を取るのが

  • 高校生アルバイト1名
  • 大学生?くらいの女性(この方をBさんとします)1名

の合計3名。指導者の方は出来上がった料理の盛り付けや提供の指示などでした。

私を含む注文取り3名も手が空いたら盛り付けや補充などを手伝います。 

私は三角巾から前髪だけ出していて、Aさん含め、他の従業員さんもそのようにしていたのですが、Aさんは私だけ全部髪を三角巾の中に入れろと言ってきました。 

高校生なんか横髪まで出していたのに何にも言わないで仲良く楽しそうに雑談をしていて納得いかなかったですが、反論はできません。そこはぐっと堪えて従いました。 

心のどこかで(自分は派遣だからどんなことをされても我慢しなければならない)という気持ちがあったのでしょう。どんなこと、というのはよくないかもしれませんが、程度によってはそれも間違いではありません。 

私は必死に注文をとったり手が空いたら何かしようと心がけていました。

しかし手が空いたらやれと言われていたことをしていると「余計なことしないで!」と言われたり、Aさんと通路でばったり正面にたってしまったらこちらがよけたりしたのですが「よけなくていい!邪魔だから早く行って!」と怒鳴られる始末。 

この時は確実に怒鳴られていました。 

このお店は有名店のようで開店からたくさんのお客さんが入ってきていたのですが、この怒鳴り声は間違いなくお客様に聞こえているレベル。 

 

これは私の考えですが、すべての接客でお客様にわかるように自分より職位の低い店員を叱ったり罵倒する店員は客商売の常識が備わっていないんじゃないかと思うんですね。お客様はおいしい料理を食べているときにそういう怒鳴り声は聞きたくないと思うし私に対して伝えたいことがあれば怒鳴る以外の方法だってあったはず。 

飲食や販売店舗で従業員が客の前で叱られているところを見たことがある方もいらっしゃると思いますが、どう思いますか?私はそのお店自体のイメージが悪くなりますし、どんなことで叱られていたとしても、見せしめのように叱られている店員には同情します。 

そういうことはバックヤードで行われるべき、と思うのですが・・・皆さんはどう思いますか?よかったらコメントやTwitterのリプライやDMとかでもよいのでご意見うかがいたいです。 

現在あまり私が飲食をやりたくない理由にこの日のトラウマがあって、忙しいのはわかりますけど今日初めて仕事をする人間に怒鳴ることは全く建設的ではないですよね。 

私も以前の仕事では新人のトレーニングなども担当していましたが、新人ができないのは9割は自分の教え方が悪いから、と考えるようにしていました。(残りの1割は当人が根本的にその仕事に向いてない、ということがあります。) 

そのうち大学生にまでいびられる 「勝手なことをしないで!」

話がだいぶ逸れましたので戻します。 

 こんな中でも実は他の従業員さんは私に優しく教えたり指示を出したりしてくれていて、本当にそれだけが心の支えでした。

ただその人たちもAさんからの攻撃から救ってくれたり、Aさんに自制を促すようなことはしてはくれませんでした。派遣されたアルバイトの扱いには関わっていい部分、関わってはいけない部分の線引きが他の従業員さんもわかっていたのでしょう。 

そのうち大学生?くらいの女性店員Bさんまでもが私に悪態をついてくるようになり、他の従業員がいないところで「さっきの注文の取り方間違ってましたよ。はぁ(ため息をつきながら睨んで)いい加減にしてください。」 

どの注文のことを言われているかわからなかったので聞いたら「勝手なことをしないでって言ってるの!」完全に上から目線です。

 

結局私の何が悪かったのかは今でもわからないんですけどね。成人はしているようでしたが、まだ幼い部分があるのか、こういう上の悪い従業員の言うことを真に受けて一緒になっていびりをする若い子って一定数いるんですよね。

でもその場の雰囲気だけの勢力で強そうな人間にすり寄っていても自分の評価を落とすだけです。まあ、私のような一日だけの派遣にはストレス発散くらいしたってどうってことないと思っているんでしょうかね。でも腐り始めた性根はなかなか正常には戻らないでしょう。 

 

体験談というよりただの恨み節になってきました。いけない、いけない。 

 怒鳴られすぎて悟りの境地へ

昼のピークが過ぎ、私の仕事のメインは洗い物になりました。 

量が多いのでこちらもノンストップでの作業です。 

合間にも「なんでここにフォークいれるの!ダメだって言ったじゃん!」 

とまたもやAさんに怒鳴られ・・・いや言われてないけどなー。その時すでに悟りの境地にいた私は 何の苦しみも迷いもなく「すみませんでした。気を付けます。」と心を経由せずに返答できるレベルまで達しておりました。 

 あと残り2時間というところで昼休憩。もちろん休憩をとる順番は一番最後です。

ご飯時間が遅くなることはそんなに気にならないので私はよかったですが、食事の時間がいつもよりずれることが嫌な方は飲食のアルバイトは避けるか、影響のない時間帯のシフトが良いかもしれません。(お昼を取った後13時から18時、あるいは夕飯を食べて18時から22時など) 

せっかくの賄いも胃に詰め込んだだけ 

今回のお仕事で魅力だった賄い。無料でいただきました。 

おいしかったのですが、仕事がハードすぎて食べるという行動すらしんどかったです。 

 残り1時間は洗い物と空いたテーブルなどを拭いたりして18時勤務終了。 

2階の着替える部屋についた私は倒れこんでしまいました。 

なんてところに派遣されてしまったんだろう・・・でももう終わったんだ・・・ 

運動なのでへとへとになった日は今までたくさんありましたが、その日のように心身ともにぐったりした日はありませんでした。 

帰りにご主人からいただいたお給料・・・ずっしり重い7200円でした。 

 この経験を経て今思うこと

日頃もっと厳しい労働環境にいる方からみればそんなことで泣き言言ってるなんて甘い、と思われるかもしれませんが、一生懸命やろうという気持ちを持って行ったのに、この環境ではきつかったです。その後はこういう扱われ方をされることもある、と覚悟を持つこともできたかと思います。しかし今回の飲食店へは労働者としてもお客としても二度と行きたくないです。

 んな経験でしたが今ブログのネタになったなら報われるかな。 

再度書きますが単発バイトでこんな扱いを受けることはほぼないと思います。 

1年半ほどはびっしりと単発バイトをやってきた私の経験としてはこの飲食店以外はこれほどの環境の派遣先はありませんでした。 

もしかしたらここの印象が強すぎて忘れてしまっているかもしれませんが・・・ 

もし思い出すことがあったらまたブログに書きますね。 

 次回は単発バイトをするために持っておいた方がよいもの、についてブログを書いていきたいと思います。 

 読んでくださって誠にありがとうございます。 

 よかったら読者登録、スター、はてなブックマークしていただき、温かく見守っていただけたらうれしいです。
よろしくお願いいたします。

ブログ村参加しています。 ポチっとしていただけるとうれしいです♪

にほんブログ村 就職バイトブログへ
にほんブログ村